ニュース・トピックスNEWS&TOPICS

【工学部】ものづくりコンテストチャレンジ2016を開催

NBU工学部では、学科共通の科目として専門教育科目である「ロボットプロジェクト」があり航空宇宙工学科・機械電気工学科・情報メディア学科夫々の専門分野の枠を越えてチームを編成し、ロボット開発を目指し、1年生では入門、2年生では基礎の講座を学び、3年生の専門分野に活かせる様、座学と実学を組み合わせ体系だった教育プログラムを行っています。
 又、正課外での活動も広がりを見せており、様々なコンテストや大会等に参加することで、技術面だけではなく、プロジェクトを実行するための管理手法も身に付けていける様、指導が行われています。
 こうした中、最近は外部の各種コンテスト等で優秀な成績をおさめるプロジェクトチームが出始めており、“ものづくり”への情熱「ものづくり魂=もの(魂)」をより多くの学生に広げ、活動がより活性化するよう“NBU日本文理大学「ものづくりコンテスト」参加促進事業”を推進しています。この事業では、チームの構想が挑戦的であるか、計画が現実的で妥当であるかなどを審査した上で、コンテスト等への出場費用や製作のための部材費などの一部を補助します。その一環として6/16「ものづくりコンテストチャレンジ2016」が行われ、平成27年度の成果報告と、今年応募したプロジェクトチームのプレゼンテーションが行われました。

フレーッフレーッ!受験生