航空宇宙工学科

迫屋 和希(2018年度卒業)山口県/県立西京高校出身

職種:航空整備士

就職先:ANAラインメンテナンステクニクス(株)

夢を叶える環境が
ここにはある。

NBUを選んだのは、実践的な航空整備実習プログラムと
航空宇宙分野を体系的に学べるカリキュラムがあったから。
整備技術はもちろん、航空整備士としての
心構えも学ぶことができた。
これからは夢だった航空整備士として、
ここでの経験を糧に空の安全を守っていきたい。

人が大空を飛ぶという夢を実現させて以来ジェット機、ロケット、人工衛星と
人類の挑戦は続いています。
最先端の技術を修得できる環境で、航空宇宙産業に求められる
即戦力となるエンジニアを育成します。

学科の最新情報をお届け!

学科トピックスをチェック

活躍するフィールド

  • 航空機設計・製造技術者
  • 自動車・交通機械設計技術者
  • 航空エンジン設計・製造技術者
  • ロケット設計・製造・打上げ技術者
  • 宇宙システム設計技術者
  • 宇宙環境運用技術者
  • 航空整備士
  • 運航管理者
  • 空港地上職(グランドハンドリング等)
  • 高等学校教諭(工業)

就職率

100%

※就職率は、2014年度〜2018年度卒業生の「内定者÷就職希望者」で算出しています(2019年3月31日現在)。

サポートする教授陣

  • 企業が求める設計・製造の
    技術を追求。

    航空開発はチームプレーです。本研究室では「CATIA®」を使った設計技術はもちろん、現場で必要となるコミュニケーション力やプロジェクトの管理能力、様々な分野の基礎知識、そしてエンジニアとして大切な“開発にかける情熱”を身につけていきます。

    研究分野:航空機設計

    稲富 丈夫 教授

  • チーム力で
    高品質の航空機をつくりだす。

    航空機整備の使命は安全な航空機を飛ばすことです。整備の現場で長年培った知識や技量に加え、整備後の最終確認を行う検査員として経験してきたチームのコミュニケーションやリスク管理の重要性について、航空機整備実習などを通じて伝えていきます。

    研究分野:航空機整備/品質管理

    船山 博 教授

  • 宇宙に挑む
    新しい発想の研究を。

    宇宙開発においては、宇宙空間という特殊な環境下で生じる物理現象のメカニズムを理解し、新しい発想で様々な知識・技術を組み合わせることが重要です。様々な可能性を秘めた宇宙において、新しい「モノ」の創造に挑戦する宇宙開発技術者を育てていきます。

    研究分野:宇宙工学/構造動力学

    室園 昌彦 教授

  • 日本の宇宙開発の夢を
    さらに広げる。

    宇宙にはワクワクするような魅力がたくさんあります。30年以上にわたり、人工衛星の開発や宇宙関係の研究に携わってきましたが、まだまだ興味は尽きません。長年の経験で得てきた宇宙関係の魅力を伝えると共に、まだ解明できていない宇宙の不思議に挑戦していきます。

    研究分野:宇宙システム/宇宙機構造

    岡崎 覚万 教授

  • 宇宙活動の拡大につながる
    新たな技術創出を。

    現在、宇宙開発においてはロケットで宇宙に物資を運ぶ基盤活動でも新たな潮流が興ってきており、それらに呼応する先進技術の探求がますます望まれています。開発の最前線で試行錯誤を繰り返しながら、粘り強くチャレンジを続けることのできる技術者を育てていきます。

    研究分野:宇宙機のシステム形態

    中川 稔彦 教授