工学部 建築学科 ARCHITECTURE

建築設計コース

社会が求める設計教育で、永く愛される建築を。

建築は様々な知識や技術が統合されています。本コースでは、設計製図の教育を柱に、安全性や自然との調和、さらに文化・歴史なども考えた、心地良く永く愛される建築設計を学びます。また、集合住宅や小学校など様々な設計課題や地域と連携した実践型プロジェクトによって、空間構成の技法やCAD技術を修得。地域に根ざした豊かな暮らしを実現できる建築設計技術者を育成します。

STUDENT’S VOICE

感性と想いを融合させることで、新たな建築を。

時代や社会に求められる建築は常に変化しています。研究室の仲間たちに刺激されることで、ひとりでは思いつかないアイデアが生まれます。そういった感性を、設計技術と共に磨いていきたいです。

下地 言奈(3年)
沖縄県/県立那覇高校出身

学びのキーワード

  • 建築デザイン

  • 建築計画

  • 建築史

CLOSE-UP

九州でトップクラスの
一級建築士合格者数

一級・二級建築士を目指す学生は、本学科で受験資格要件となる指定科目(一級:60単位以上、二級:40単位以上)を修得します。2020年より建築士法改正に伴い、一級建築士試験は、大学卒業直後から実務経験を経ずに受験が可能になりました。これまで一級建築士合格者数と合格率は九州の大学の中でもトップクラス。大分県建築士事務所協会とのインターンシップ協定など、学生のキャリア形成のサポートも充実しています。

主な卒業研究・設計テーマ

  • 大分市立碩田小中一貫校における
    教師ステーションの利用実態から見た執務空間について
  • 高層集合住宅における共生のかたち
  • 家族に出逢う場所
  • ミンナノイエ~再生する町と街~
  • Global Communication Centre
  • 無人化駅の短所を補完するための駅のリニューアル

科目紹介

  • 科目1

    設計製図

    製図の基本である、まっすぐ線を引くところからスタートし、レストハウスや多世帯住宅、美術館などの設計課題にチャレンジ。他の学生と切磋琢磨しながら製図の技術を身につけることができます。

  • 科目2

    世界建築史

    古代ギリシャからバロック時代の建築を学びます。建築の起源や時代に合わせて建築物が変わっていく過程を考え、西洋建築の基本的知識や、現代の建築に与えた影響も学びます。

  • 科目3

    建築設備

    建築物の「中身」、各設備の役割や特性を演習を通して理解していきます。電気ひとつとっても、電流の大きさやコンセントの配置、電球の位置など、様々な計算や計画ができる力を養います。

  • 科目4

    建築計画

    決められた面積に対して駐車場のスペースやトイレの配置など、平面図における計画を行います。限られた面積の中で、どこに何を配置すれば、より生活しやすくなるかを考えていきます。

建築工学コース

災害に強く 環境にやさしい、暮らしを守る建築技術。

地震大国である日本では、安全性を確保するために災害に負けない強い構造を実現することが求められています。本コースでは、構造計算や構造設計、施工管理の講義を通して建築構造物の強度を知る方法を理解すると共に、材料力学や建築材料実験による木材や鋼材、コンクリートなどの各種建築材料の性質を総合的に学び、安心・安全な暮らしの創出に貢献できる建設技術者を育成します。

STUDENT’S VOICE

安心して暮らせる
建物やまちをつくりたい。

地震や台風といった自然災害から暮らしの安心・安全を守るためには、強い建物が必要です。さまざまな建築材料の強度実験を行うことで、建築物の耐震性や耐久性に関する技術と知識を学んでいます。

清水 あさひ(4年)
宮崎県/県立宮崎工業高校出身

学びのキーワード

  • 構造設計

  • 建築材料

  • 制震・免震

CLOSE-UP

人々の暮らしを守る建設技術を修得

大規模災害や環境問題といった様々な課題が混在する中で、橋や道路などの社会インフラや構造建築物には、安全性はもちろん快適性や環境性のほか、多くの性能面において高い水準でバランスを保つことが求められています。本コースでは、コンクリートをはじめとする材料実験や地盤の特質を理解するためのフィールドワーク調査、多様な建造物の施工現場の見学などを通じて、人々の暮らしを守る建設技術を総合的に身につけていきます。

主な卒業研究テーマ

  • 大分県内の再生骨材を使用したコンクリートの強度特性に関する研究
  • 日本の耐震構造の発展史に関する研究
  • 木造住宅の耐震性向上に関する技術
  • 地震工学及び耐震設計に関する研究
  • 中低層鉄筋コンクリート構造物の耐震診断及び補強に関する研究
  • 竹材を粗骨材の代替材料として使用したコンクリートの諸特性に関する基礎的研究

科目紹介

  • 科目1

    構造設計

    材料が持つ長所と短所を理解し、どの建材がどんな建物や構造に適しているのかを学びます。木造住宅については耐震設計法を学び、どのような構造が揺れに強いかを検証します。

  • 科目2

    建築材料実験

    コンクリートの配合を変えて強度の差を比べたり、木材・鋼材の引張強度試験を行います。構造強度と材料強度との関係を調べることで、様々な建築材料の特性を実験を通して学びます。

  • 科目3

    施工

    建築・土木構造物の新設工事および耐震補強などのリフォーム工事を対象に、工事の流れや管理の主要なポイントを理解し、実際の建設現場を見学し、施工管理を実践的に学びます。

  • 科目4

    建設マネジメント演習及び実習

    建設業界では、予算管理・工程管理・原価管理を一元化して行います。現場での施工実習を通じて、技術者として必要な管理手法を実践的に身につけ、即戦力となる人材を目指します。

住居・インテリアデザインコース

心地良い空間を創り出すデザインで人々に幸せを。

現在、インテリアデザインの視点は室内空間だけではなく、建築や都市計画まで幅広く活用されています。本コースでは住空間のデザインにとどまらず、商業施設のデザインやリフォーム、公共施設のバリアフリーなど私たちの生活に関わるデザインについて考え、実践できる人材を育てます。また、インテリアコーディネーターをはじめ、インテリア設計士、福祉住環境コーディネーター、商業施設士などインテリア系の資格取得もサポートします。

STUDENT’S VOICE

幸せを感じられる
家具デザインを生み出したい。

心地よい時間を演出するインテリアに、心が落ち着く住まい。幸せな暮らしをデザインするために大切なことはデザインする自分も楽しむこと。デザインが持つ無限の可能性を日々学んでいます。

松崎 祥治(4年)
宮崎県/県立日向高校出身

学びのキーワード

  • 空間デザイン

  • ユニバーサルデザイン

  • リフォーム・リノベーション

CLOSE-UP

コンペや資格取得を通じて
着実にレベルアップ

例年、様々な学生デザインコンペなどで高い評価を獲得しています。昨年12月には「第17回主張する『みせ』学生デザインコンペ」において、堤内成海さん(当時3年)が応募作品414点の中から「店内商環境部門賞・秀作」を受賞し、本コースで身につけたデザイン力を発揮しました。また、建築士をはじめ、インテリアコーディネーター、福祉住環境コーディネーター、宅地建物取引士などの資格取得もサポート。インテリア設計士は単位認定もあり、多くの学生が取得しています。

主な卒業研究テーマ

  • きばるプロジェクト ー民家のアトリエリノベーションー
  • アフォーダンス実験によるサイン設計
  • BIMと3Dプリンタによるインテリアカスタマイジング
  • ホームインテリアにおけるプロダクトデザインのコラボレーション事例に関する研究
  • オフィスレイアウトによるストレスの類型に関する研究
  • カラーユニバーサルデザインの観点からみた景観計画

科目紹介

  • 科目1

    モダンデザイン

    近代の西洋を中心とした著名建築家の都市・建築作品やインテリア作品を鑑賞し、その時代背景や理論、モダンデザインにおける教養を身につけ、自らのデザインの考えを深め、感性を磨きます。

  • 科目2

    スペースデザイン

    人間工学の基本を学んだ上で、自らコンセプトを設定したイスを設計・製作します。企画から製作までのプロセスを理解するだけでなく、素材との付き合い方や、工作技術なども身につけます。

  • 科目3

    住居論

    豪雪地帯では室温を下げないよう玄関が二重になっているように、住居は地域によって形態が変わります。建築写真や図面を通して、快適な生活のための住居のあり方について考えます。

  • 科目4

    リフォーム

    構造物を造る時代から、維持・更新の時代に入ったといわれる21世紀。そんな現代に必要なリフォームの技術や知識を学び、リフォームで生まれる美しさや住みやすさも考えます。

環境・地域創生コース(まちづくり分野/社会基盤分野)

地域・行政と協働して、真に求められる地域の創生を。

都会にはない自然環境や農林業・水資源が、地域創生の鍵として注目されています。その一方で、災害や少子高齢化など諸課題も山積しています。本コースでは地域・行政などと協働したプロジェクトを通じて、「地域創生」に必要となる実践力を修得。各地域の環境、生活、文化を調査・分析しながら、社会基盤の整備や、まちづくり・地域づくりを担う人材を育てます。

STUDENT’S VOICE

まちと暮らしを自分たちの手で支えていきたい。

自然災害や少子高齢社会に起因する社会課題に直面する今、人々が安心して暮らすためには社会基盤の整備が大切だと思います。これからの人やまちのためにできることを考え、実践していきたいです。

福田 凌大(4年)
熊本県/県立大津高校出身

学びのキーワード

  • 都市計画

  • 防災・免災

  • 景観デザイン

CLOSE-UP

まちづくりを多角的に学び、
現場で活躍できる人材へ

東日本大震災をはじめ、近年多発する自然災害によって、まちづくりにおける防災機能の重要性を再認識させられました。本コースでは、まちや建物を災害から守り、自然と共生する暮らしを実現するためのフィールドワークを実施。様々な観点からまちや建物についての多角的な視点を養います。このような経験をステップにして、地方自治体の公務員試験に現役合格する学生も多く、卒業後はまちづくりや社会基盤の整備を主導する存在として活躍しています。

主な卒業研究テーマ

  • 道路整備が地域住民のまちづくりの意識に与える影響の分析
  • UAVデジタルデータの活用に関する調査・研究
  • 台風18号に伴う豪雨による大分県南部における水害に関する研究
  • 宮崎市の沿岸地域における津波避難施設の認知度調査
  • 大分市中心部から大分スポーツ公園への新交通システム導入における利用意向者特性に関する研究
  • 大分駅周辺における自転車走行空間整備の有効性について

科目紹介

  • 科目1

    都市計画

    地区ごとの条例や交通法との関係、景観デザインや防災など都市計画に伴う法律を理解します。さらに、これまでに発生した都市問題とその解決方法を学び、未来都市のあり方を考えます。

  • 科目2

    地域再生論

    地域づくりの成功事例など具体的な取り組みを中心に理解し、これからの建築学の基礎となる地域再生の考え方を修得します。また、地域再生に携わる方々へのヒアリングも行い、実践力も養います。

  • 科目3

    測量学

    測量はすべての建設工事の基礎であり、その技術が受け持つ領域は多岐にわたります。測量技術が現場で果たす役割を理解すると共に、建設技術者として必要な知識・技術を身につけます。

  • 科目4

    地理情報処理演習

    地理情報データを管理、処理、表示する地理情報システムの活用について理解します。また、世界中で利用されているGISソフト「ArcGIS」の基本操作を演習課題を通じて学びます。