資料請求

LINE

ネット出願

経営経済学部 経営経済学科 BUSINESS & ECONOMICS

地域マネジメントコース

新しいかたちの地域創生を追求する。

地域の住民、自治体、企業の方々と協力しながら実践的に地域の課題解決に取り組み、論理的思考力やリーダーシップ、フォロワーシップを身につけます。商店街などで行うアンケート調査や地域でのフィールドワークを通じて、問題解決の重要性と意味を理解し、合理的・論理的な解決策を提案できる実践力を身につけることで、地域に活力を与え、地域の未来を支える人材を育成していきます。

学びのキーワード

  • 地域創生

  • まちづくりマーケティング

  • 観光学

CLOSE-UP

地域の未来を切り拓くためのフィールドワーク

都市部における待機児童の問題や大型商業施設と商店街の共存、地方の過疎化など、地域には様々な課題があります。本コースではそれらの本質を理解するために、アンケート調査などのフィールドワークを重視。大分市中心部でも回遊行動調査を継続的に行い、課題を可視化するなど、商店街と連携して地域活性化に取り組んでいます。また、「まちづくりコンテスト」において、地域の新たな観光資源を発掘した観光プランで入賞した実績もあります。

研究室ピックアップ

今西研究室
行動経済学/応用経済学
これまで大分市をはじめとして、九州各地で地域の課題解決にあたってきました。近年はスマートフォンを活用した商店街の活性化を研究テーマにしています。現在地周辺の観光情報が出るアプリを開発し、その効果を実証するなど、スマートフォンをはじめICTやIoTを活用した、新たなまちづくりを考えていきます。

山城研究室
地域政策/消費者行動分析
地方の中心市街地は、少子高齢化により、危機的状況に陥っています。まちの活性化のためには、データを根拠としたノウハウの蓄積が必要です。本研究室では、来訪者の行動や評価のデータを収集し、現状のまちづくりで行われている様々な政策がまちにどの程度の効果を持っているのかを科学的に評価する研究を行っています。

主な卒業論文テーマ

  • 大分市中心市街地に求められている店舗~消費者回遊行動調査をもとに~
  • 地方創生とeスポーツを活用した事例の考察
  • コミュニティーバスの導入による地域への影響
  • JR大分駅再開発と九州内の主要駅再開発の検証
  • グローバル世界のインバウンド外国人観光客の誘致に関する研究
  • 宮崎県からパークプレイス大分への利用者調査

科目紹介

  • 科目1

    まちづくりマーケティング演習

    地域が抱える問題を知り、新たな解決方法を考えます。専門家と議論したり、大分の中心部でフィールドワークを行ったり、実践的な学びでまちづくりに必要な力を身につけます。

  • 科目2

    地域ブランド論

    地域のブランド化は地域活性の切り札です。ブランド価値はどのように創出され、どういった戦略のもとで展開されるのかを理解し、地域の将来について実践的に考えていきます。

  • 科目3

    観光ビジネス論

    国内・国外からの観光客を視野に、様々な側面を見て、ビジネスとしての仕組みや成り立ちを知り、業界が抱える課題、新たな観光資源など観光立国としての日本のあり方を考えていきます。

  • 科目4

    地域イノベーション論

    近年のまちづくりは、そこに住む人々に焦点をあてたものが多くなっています。その社会的意義を考察し、そこに暮らす人々を中心に考えるまちづくりの必要性や可能性を考えていきます。

ビジネスソリューションコース

人と社会が求めるものを生み出す創造力を。

ビジネスの第一線ではどんな状況でも将来を見通せる視野と、確かな意思決定力、データ分析に基づく実践力が求められます。本コースでは経営戦略・マーケティング・起業などに関する基礎を学んだ上で、グローバル化する社会や企業活動についても理解を深めます。さらに、社会で活躍する上で重要なビジネス感覚も身につけ、即戦力となる人材へと成長していきます。

学びのキーワード

  • マーケティング

  • 商品開発

  • リスクマネジメント

CLOSE-UP

ビジネスの最前線を
経験豊富な教授陣から学ぶ

ビジネスがグローバル化する中、既存のビジネスモデルが必ずしも成功するとは限らなくなっています。顧客や社会のニーズ、消費者の心理や行動、新しい広告手法やコンプライアンスなど、変化する環境の中で生き残っていくために必要な知見を、ビジネスの最前線で活躍してきた教授陣から実践的に学んでいきます。また、経済活動の背景にある国際情勢や各国の外交・経済政策などの理解も深めながら、情報を収集・分析する力も養います。

研究室ピックアップ

小久保研究室
商品開発/統計学
身近にある商品がどのように作られたかを考えたことはありますか?1つの商品を作るために多くの作業が必要です。本研究室では「商品を作るプロセス=商品開発」について研究を行っています。グループワークを通じて、たくさんのアイデアをデータで検証して商品を作り、議論していきます。ビジネスで必要となる様々なスキルを実践しながら学ぶことができます。

阿部研究室
マーケティング/経営学
経営学では、人々が組織の共通目標に向けどのように協力して問題を解決するかについて学んでいきます。本研究室では、身近な企業や社会が抱える問題を発見し、どうすればその問題を解決できるか調査を行っています。多様な能力を身につけ、ビジネスの最前線で活躍できる人材を育成していきます。

主な卒業論文テーマ

  • 日本におけるキャッシュレス化の現状と問題点
  • ローソンとセブンイレブンのPB戦略
  • インターネット通販に対する 店舗の新たな戦略
  • eコマースと実店舗の比較に基づく新たな販売手法の提案
  • SNSの収益構造LINE Facebook Twitter
  • SNSを利用した不動産業界のマーケティング戦略

科目紹介

  • 科目1

    広告論

    身の回りにある広告の手法や歴史を学びます。SNSが生活の一部となり、広告のあり方も大きく変化しました。グループワークではこの変化を的確に捉え、実際の広告を企画します。

  • 科目2

    企業戦略基礎・実習

    企業の成長には様々な戦略が不可欠で、その手法を座学や演習で学びます。さらにグループディスカッションでは、企業戦略の立案に取り組み、ビジネスに関する総合力を養います。

  • 科目3

    ブランド学

    私たちの生活の中にあふれている「ブランド」とは何なのか。その意味やマーケティングの手法を理解します。さらに、企業のブランド戦略や地方自治体などが取り組む実例も学んでいきます。

  • 科目4

    マーケティング戦略演習

    マーケティングにおける目的・方法などの基礎を学びます。実在する企業をモデルに経営分析に取り組み、商品開発や出店戦略について、グループワークを行い、実践力を磨きます。

会計ファイナンスコース

企業や社会の未来を描くプロフェッショナルへ。

会計・ファイナンス分野の基礎から応用までを体系的に学べるカリキュラムを組み、様々な資格取得もサポートしていきます。また、身につけた知識を実際の社会で試す機会を設け、社会の第一線で活躍するための実践力も養っていきます。企業や自治体の現状を数値面から分析し、将来ビジョンを考えることができる会計・ファイナンスのプロフェッショナルを育てます。

学びのキーワード

  • 会計

  • 経営分析

  • 電子マネー

CLOSE-UP

実践型プログラムで経営センスを磨く

会計は「ビジネスの共通言語」といわれるように、すべての業界・業種において必須のスキルです。資格取得を通じて基礎的な知識を身につけるだけでなく、実践的な学びを通じて、数字から現状を正確に把握し、経営戦略やビジョンを描ける「数字に強い人材」を育成します。実践的な学びの例として、大分市佐賀関地区のNPO法人や、三井住友銀行・地元企業と連携した経営分析や経営戦略の立案などがあります。

研究室ピックアップ

吉本研究室
会計/経営分析
企業活動の結果を表す数値情報である会計に関する理解がないと、ビジネス自体の理解を十分得ることができません。現在、私の研究室では、大手金融機関や地元企業と連携して実際に経営分析や経営戦略の立案を行うという実践的なプログラムに取り組んでいます。実践的な学びを通じて専門性を深めるとともに、ビジネスに必要な人間性も養っていきます。

長﨑研究室
会計学/地方公会計
地方公会計とは、複式簿記・発生主義を特徴とする企業会計の仕組みや考え方を、地方自治体にも導入し、その経営改善に生かす取り組みのことです。企業会計の仕組みや考え方は、ビジネスだけでなく行政経営やNPOなど幅広い分野に応用できます。地方公会計を自治体経営に生かすための研究と共に、会計という道具を使って広く社会課題を解決できる力を養います。

主な卒業論文テーマ

  • 中小企業におけるフリー・キャッシュ・フロー経営に関する研究
  • 国際会計基準が日本企業に与える影響 ~国際会計基準のあり方を中心に~
  • 小規模地方公共団体における内部統制システムの構築への課題
  • 珈琲業界の経営戦略と財務分析 ~コメダとスターバックスの事例分析~
  • 地域課題の解決に向けたクラウドファンディングの成功要因
  • コンビニ業界の財務分析

科目紹介

  • 科目1

    経営分析

    売上高など様々な数値情報から会社の実態を判断するために必要な経営分析。財務諸表や競合企業の情報をもとに、企業の実態を分析する為の考え方や視点、活用方法を学びます。

  • 科目2

    財務諸表論

    企業の経営活動を帳簿に記録し、財政状態と経営成績を株主などに報告する書類が財務諸表です。それが社会に必要とされる理由や、どのように作成すべきか考え、現状と課題を学びます。

  • 科目3

    金融論

    金融・金融取引・金融システムに関する基礎的な概念を理解し、日本の金融構造の変遷を学びます。さらに、金融政策が企業活動や私たちの暮らしに与える影響も考えていきます。

  • 科目4

    管理会計論

    企業において、経営戦略などの意思決定をするために必要となる「管理会計」について学びます。企業の将来を決定づける重要性と、そのために必要となる指標について理解していきます。

スポーツビジネスコース

人と社会が求めるものを生み出す創造力を。

東京オリンピック・パラリンピックなど世界規模のイベントから、国内や地域での大会まで「スポーツ」は経済発展や地域活性などの大きな原動力となっています。本コースでは実践型科目を通じて、多様化するスポーツビジネスに必要なマネジメント力、創造力、経営ノウハウを備えた人材を育成します。また、「健康」をキーワードに様々な分野に生かすことのできるスポーツトレーナー資格プログラムも開設しています。

学びのキーワード

  • スポーツマネジメント

  • スポーツトレーナー

  • 健康・医療

CLOSE-UP

スポーツトレーナー資格[NSCA認定プログラム]

NBUでは「経営経済分野」で学ぶ知識とビジネスセンスを基礎に「スポーツ」「健康」「医療」「福祉」をキーワードにして、 様々な業界・職種に生かすことのできるNSCA認定プログラムを推奨しています。

研究室ピックアップ

竹田研究室
スポーツマネジメント
スポーツ業界ではマネジメントを学んだ人材が不足しています。本研究室ではJリーグ大分トリニータ(J1)を実習の場に、観戦調査を行いながら改善点を提案。スポーツ関連にとどまらず、他業種にもスポーツビジネスを応用できる人材を育てていきます。eスポーツなどの新しいスポーツも研究対象としています。

堀研究室
健康スポーツ科学
少子高齢社会における、すべての人々の「健康」は非常に重要といえます。また「スポーツ」は単に健康づくりだけではなく、医療費抑制や地域活性化のツールとしても重要な役割を果たしています。本研究室ではNSCA資格取得の指導を通して、科学的知識に裏付けられたトレーニングを実践し、指導できる人材を育成しています。

主な卒業論文テーマ

  • Jリーグクラブを支えるスポンサー企業とファンサポーターと今後の課題
  • メンタルトレーニングの効果について
  • プロスポーツ選手のセカンドキャリアについて
  • スポーツが与える地域への経済効果
  • ラグビーワールドカップが大分県にもたらす経済効果
  • オリンピックの歴史と東京オリンピックが日本にもたらす影響

科目紹介

  • 科目1

    スポーツマーケティング

    スポーツで健康な人が多くなれば医療費が削減できるように、政治・経済・社会・文化・生活のあらゆる側面と関わり、影響を与えるスポーツを様々な視点から捉え、新たな可能性を創出します。

  • 科目2

    地域とスポーツ

    スポーツの発展には欠かせない地域との関係性。地域のスポーツはこどもから高齢者まで、そのニーズは様々です。スポーツが地域において、さらに活性化していくための取り組みを考察していきます。

  • 科目3

    スポーツビジネス実践

    スポーツビジネスには、ビジネスとしてのスポーツや、ビジネスへのスポーツの活用など、多様な側面があります。授業ではスポーツとビジネスの関係を、様々な立場から考え、実践を通じて理解していきます。

  • 科目4

    ストレングス&コンディショニング実践

    8週間のトレーニングプログラムをデザインし、自身でそのトレーニングに取り組みます。その中で身体組成の変化をはじめ神経、筋、結合組織などの適応がどのように表れるのかを学びます。

こども・福祉マネジメントコース社会福祉士受験資格取得課程

それぞれの幸せや安心をサポートできる人材へ。

少子高齢化が進む現代社会において、福祉のあり方はより一層注目されています。本コースでは子育てから高齢者の問題まで幅広い視点から福祉を学び、地域共生のために必要となる知識・スキル・マネジメント力を養います。また、社会福祉士として、すべての人が生きがいを持って幸せに生活を送ることのできる環境を実現できる人材も育てます。

学びのキーワード

  • 社会福祉

  • 相談援助

  • マネジメント

POINT

[国家資格]社会福祉士とは

生活課題(介護・障がい・失業・子育てなど)を抱えた時に、公的な支援制度などを利用し自立した生活が送れるように、問題を共に考え、解決に向けたアドバイスや支援を行う相談援助のプロフェッショナルです。

研究室ピックアップ

河村研究室
地域福祉
現在の社会福祉では、子育てから高齢者の問題まで幅広い視点が求められています。本研究室では、地域住民や様々な組織や団体が抱えている課題を把握し、その課題解決の方策を提案していきます。社会福祉に関する知識に限らず経営・経済に関する知識も身につけ、地域社会をマネジメントしていくことができる人材を育成しています。

田中研究室
公的扶助
公的扶助は、系統的に学ぶ機会の少ない分野のひとつです。そのため、自身が貧困状態や生活困窮となっても、それは自己責任であると考え、権利として認められている公的扶助を利用するに至らないことがよくあります。公的扶助制度に関して、その実践を担うソーシャルワーカーの役割について研究しています。

受験資格取得のしくみ

[国家資格]社会福祉士とは

生活課題(介護・障がい・失業・子育てなど)を抱えた時に、公的な支援制度などを利用し自立した生活が送れるように、問題を共に考え、解決に向けたアドバイスや支援を行う相談援助のプロフェッショナルです。

活躍するフィールド
高齢者福祉施設
障がい者福祉施設
子ども家庭福祉施設
医療関連施設
福祉関連の民間企業
行政や外郭団体
講義

(1・2年次)

知識の修得

「公的扶助」「児童福祉論」「高齢者福祉論」「障害者福祉論」「相談援助の基盤と専門職」など

演習・実習

(2・3年次)

知識と技術の結びつけ・検証

「社会福祉援助技術演習」「相談援助の理論と方法」「社会福祉援助技術現場実習」など

国家試験

(2・3年次)

資格取得

段階的な対策講座で国家試験の合格に向けてサポートを行います。

主な卒業論文テーマ

  • 住民同士が関心を持てる地域づくりのための考察
    ~ソーシャルワーカーの視点から~
  • 高齢者に対する地域福祉の在り方
  • 少子化と高齢化の問題と現状
  • 認定こども園の現状と課題
  • 児童養護施設のアフターケアのあり方
  • 地域包括ケアシステムについて
  • 地域と子育て支援

科目紹介

  • 科目1

    社会福祉援助技術演習

    社会福祉士としてどのような支援が求められているのかを考え、グループワークを中心に、それぞれ意見を出し合いながら福祉の知識や技術を実践的に学び、現場実習に臨みます。

  • 科目2

    高齢者福祉論

    現代社会において、高齢者に関する課題は深刻なものです。高齢者が抱える問題や支援のための制度など、日本の高齢者福祉について具体的なデータをもとに学んでいきます。

  • 科目3

    社会保障論

    少子高齢社会の変革期を迎えている現代で欠かせない社会保障制度の知識を身につけ、形成過程、範囲と規模、制度の体系、実施体制などの社会保障の枠組みについて理解します。

  • 科目4

    心理学

    心理実験や心理検査などの体験を通じて、人間の基本的な心のしくみにあたる知覚・認知・ストレス・動機づけ・対人認知・人間関係について実践的に学んでいきます。

こども・福祉マネジメントコース幼稚園教諭免許・保育士資格取得課程

未来を支える心豊かな子どもを育む人材へ。

地域の中でより深刻化する少子化の問題。子育てを支援するための制度や環境整備のほか、現場を支える人材が求められています。「幼保連携型認定こども園」への移行に伴い、本コースでは、幼稚園教諭免許と保育士資格のダブル取得を目指します。さらに、経営や会計、マネジメントなど幅広く学び、施設運営にも携わることのできる総合力も養います。

学びのキーワード

  • 幼児教育

  • 乳幼児保育

  • 児童福祉

POINT

時代のニーズに対応できる幼稚園教諭・保育士を目指す。

共働き世帯が主流となる中、安心して子育てをするため、幼稚園・保育園に求められるニーズは多様化・複雑化しています。このような時代の変化に適応でき、少子化や待機児童などの社会問題についても理解しているプロフェッショナルが求められています。

研究室ピックアップ

鍋田研究室
児童家庭福祉
児童虐待やこどもの貧困問題など、こどもの成長・発達、権利保障にかかわる多くの課題が社会問題として注目されています。本研究室では「児童の権利に関する条約」にある「児童の最善の利益」の実現と保障を主体的に追求し、地域福祉の推進に貢献することのできる人材の育成を目指しています。

幼保支援室
保育支援/実技指導
保育現場では、こどもとの関わりだけではなくより良い保育環境の整備が求められています。幼保支援室では、現場の保育教諭などの専門スタッフと関わりながら、保育環境の整備に必要なスキルを身につけていきます。また製作した手作りおもちゃなどを使い、実際にこどもとのふれあい遊びを通じて実践力を養っています。

免許状取得のしくみ

幼稚園教諭一種免許状・保育士資格は、「姫路大学教育学部こども未来学科通信教育課程」の科目等履修生として取得を目指していくNBU独自のプログラムです。

通信教育費用は授業料に含まれます。

※但し、学年ごとに定めた単位修得の基準を満たした場合に限ります。

※本プログラム受講については、事務手数料等が別途必要になります。なお、若干の変更が生じる場合があります。

科目紹介

  • 科目1

    児童福祉論

    少子化や待機児童問題など、こども・家庭の生活実態と社会情勢などを理解します。こどもの権利保障やこども家庭福祉の法体系についても学び、児童福祉のあり方を考えます。

  • 科目2

    フィールドスタディ

    保育分野における課題を理解するためのフィールドワークを行います。課題解決の取り組みを当事者や保育士などの専門職の方々と共に行い、専門的な見地から思考力・実践力を養います。

  • 科目3

    コミュニティーワーク演習

    地域が抱える様々な福祉分野の問題点をテーマに、課題の本質をとらえ、解決策を考えます。地域での体験交流活動を通じて当事者と関わることで、地域に必要な福祉のあり方を実践的に学びます。

  • 科目4

    教職課程科目

    幼稚園教諭免許・保育士資格取得に必要となる科目を、レポート科目とスクーリング科目に分けて段階的に修得し、ピアノや折り紙、絵本の読み聞かせなどのスキルも養います。