工学部 情報メディア学科 MEDIA TECHNOLOGIES

情報工学コース

社会に安心と便利を与える次世代のエンジニアに。

現代の生活に欠かすことのできないモバイル端末や、実用化が進む人工知能(AI)。私たちを取り巻く情報社会は常に変化しています。本コースでは、暮らしとその発展を支える「ソフトウェア開発」「セキュリティ」「ネットワーク」などの分野を、時代の変化に対応しながら学ぶことで、様々な領域の技術を融合させる次世代のエンジニアを育成します。

STUDENT’S VOICE

社会の問題を解決する
システムを開発したい。

認知症患者の徘徊や独居老人の増加など、超高齢社会の諸問題に情報技術を生かしたいです。グループ毎に研究した様々な成果を組み合わせることで、新しいシステムの開発に取り組んでいます。

田中 歩(3年)
大分県/県立情報科学高校出身

学びのキーワード

  • セキュリティ

  • ネットワーク

  • 人工知能(AI)

CLOSE-UP

ICTエンジニアが持つ大きな可能性

プログラミング、メディア処理、システム開発など、まずは情報工学の基盤となる分野を学びます。そして、それらの技術を融合して様々な社会課題にアプローチすることで、ICTエンジニアが活躍できる分野は広がります。本コースでは、高齢者向けの教材開発やドローンで撮影した画像データの解析などの課題解決に取り組み、卒業後はシステムエンジニアやネットワークエンジニア、データベースエンジニアなど、幅広い分野のエンジニアとして活躍しています。

主な卒業研究テーマ

  • ウェアラブル活動量計を用いた健康管理ソフトウェアの開発
  • ユーザ嗜好性を考慮した検索エンジンの開発
  • 録画映像を用いた個人識別に関する研究
  • IoTとクラウドサービスを用いた人物検知の検討
  • 大分弁話し言葉を音声認識するソフトウェアの開発
  • OCR(光学文字認識)プログラムの開発

科目紹介

  • 科目1

    C言語プログラミング

    C言語はハードウェアの制御、組込みシステム、オペレーティングシステム(OS)など幅広い分野で利用されています。プログラミング、ソフトウェア関連の応用科目の基礎を修得していきます。

  • 科目2

    インターネット応用

    インターネットの概念や、なぜコンピュータとモノが接続できるのかなど、仮想空間としてのインターネットを学びます。仮想装置やメモリで実際の動作を確認し、構築および活用可能となる知識を修得していきます。

  • 科目3

    画像処理及び演習

    安全支援やセキュリティ分野、ゲームなどのアミューズメント分野など幅広く活用されている画像処理技術を学び、画像のデジタル化と信号レベル、画素レベルの処理を学びます。

  • 科目4

    組込み演習

    家電製品にはマイコンという小さなコンピュータが組込まれています。マイコン上で動作するプログラムを開発し、音楽の演奏、ゲームの動作を実現する手法を学び、アイデアをカタチにしていきます。

メディアデザインコース

新しい感動を生み出すコンテンツクリエイターへ。

インターネットによる動画配信など、現代におけるデジタルコンテンツはますます需要が拡大し、生活に欠かすことのできないものになっています。本コースでは、CG、アニメーション、コンピュータミュージック、映像、Webデザインなど様々な分野を学びます。それぞれの感性やスキルを駆使して行う制作活動を通じて、私たちの生活を豊かに彩るデジタルコンテンツクリエイターを育成します。

STUDENT’S VOICE

人や社会を動かせるような
映像をつくりたい。

研究室の先輩たちと一緒に、地域向けのニュース映像を制作し、地元の新聞社のWebサイトで配信しています。1秒単位でこだわった編集をするなど、クオリティの高い作品づくりを追求しています。

岡田 奈々佳(3年)
宮崎県/県立宮崎商業高校出身

学びのキーワード

  • Webデザイン

  • デジタル映像

  • デジタルサウンド

CLOSE-UP

クリエイターとしての力を実践教育で養う

授業を通じて身につけたスキルや感性をより高めるために、企業や自治体と連携した実践教育を推進。地元新聞社とのニュース動画の配信や、自動車学校のテレビCMシリーズや大分市のふるさとCMの企画制作、CGやアニメーションの創作活動にも取り組んでいます。また、JR九州のテレビCM一般公募コンペでの最優秀賞や、「初音ミク『マジカルミライ2019』」入賞などの実績もあります。

主な卒業研究テーマ

  • ローカルアイドルグループへのプロサッカーチーム応援歌提供(音楽制作)
  • 3DCGを用いたセルアニメーション表現の研究
  • 色彩配色の視点からみるブックデザイン(CG制作)
  • POV方式によるリアルな映像の追求
  • Osmo Pocketを使ったカメラムーブメントの研究
  • 大分県のローカルCMの統計調査及び分析による作品制作

科目紹介

  • 科目1

    コンピュータグラフィックス

    2次元コンピュータグラフィックスを扱い、画像の生成と加工のための基礎を修得します。デザインワークに必要な知識と技術を学び、課題を通してデジタル技術を用いたデザインに取り組みます。

  • 科目2

    コンピュータミュージック

    専用のオーディオ編集ソフトを使い、作曲やアレンジを行います。世界共通規格のソフトを使用するため、より実践的な技術が身につきます。オリジナルサウンドは学生制作の映像作品などにも使われます。

  • 科目3

    映像機器学および演習

    撮影機器や撮影方法、ライティング、編集技術などを学び、チームで映像作品を制作。学外の撮影やスタジオ実習も経験することで映像クリエイターとしての基礎を身につけます。

  • 科目4

    Webデザイン

    Webデザインをする上で必要なルールや基礎知識を学習し、ホームページを制作します。実際の現場と同じようにチームで作業を分担し、技術を磨き合いながら学ぶことができます。

情報コミュニケーションコース

ICTの知識と技術を幅広く駆使できる能力とアイデアを養う。

スマートフォンやSNSの普及により、急激な変化を遂げた現代のコミュニケーション。これらの変化に対応する知識と技術を得ると共に、「ITパスポート」や「MOS」などの資格を取得しながら、実践的なICT利活用能力を身につけます。さらに、様々なモノがインターネットにつながる仕組みを理解し、経済・法律・リスク管理の知識などバランスの取れた総合的な能力を修得。IoT時代に活躍できる人材を育成します。

STUDENT’S VOICE

IoT社会を知り、
これからを考え、
創造していきたい。

IoTとは、様々なモノとインターネットがつながることで暮らしやビジネスを変えていく概念です。そんな時代の新しいコミュニケーションを生み出すために、技術と知識、さらに時代感覚を養っています。

神野 綾菜(3年)
大分県/日本文理大学附属高校出身

学びのキーワード

  • IoT

  • データ分析

  • 情報端末・SNS

CLOSE-UP

ICTスキルとビジネスの知識を併せ持つ人材へ

これからの時代に必要とされているのは、自分の置かれた状況や社会環境の変化によって持てる知識と技術を組み合わせ、柔軟に対応していくことができる能力です。社会ニーズに応えるため、様々なICT系資格を取得し、実践的なスキルを磨くと共に、経営学やマーケティング論をはじめとしたビジネス分野の幅広い知識も併せて修得。社会やビジネスの様々な場面で活躍できる人材へと成長していくことができます。

主な卒業研究テーマ

  • LINEスタンプ制作・販売及び宣伝に関する調査
  • 大分トリニータと他のサッカークラブによるソーシャルメディア戦略比較
  • ソーシャルメディアが持つ影響力に関する研究
  • 高校生のSNS利用状況と情報リテラシー教育に関する研究
  • 地域イベント集客効果が高いSNSの調査
  • SPを利用したPBR方式でのモデリングの利点に関する調査分析

科目紹介

  • 科目1

    ICT基礎演習

    「ITパスポート」の資格取得に向けてICTの幅広い知識を身につけます。個人の理解度に合わせて目標設定や学習計画を立てるため、自分のペースで学んでいくことが可能です。

  • 科目2

    ICT応用

    ICT分野で注目されている技術、IoTについて理解を深めます。また、実験や演習、グループディスカッションを通して、IoTを活用した課題解決のアイデアについてプレゼンテーションをします。

  • 科目3

    eビジネスマーケティング論

    インターネットの普及がビジネスにどんな影響を与えたのか、著作権や肖像権など法的な問題から、SNSによって引き起こされる身近な問題まで、様々な事例を通じて理解していきます。

  • 科目4

    情報メディアと社会

    「コミュニケーション空間としてのインターネット」を考察していきます。ネットを通した社会や人とのつながり方、SNSでの倫理観など、ネットリテラシーの重要性についても学びます。

こども・情報教育コース

新しい時代の教育をリードする小学校教諭を目指す。

小学校でのタブレットの活用や無線LAN環境整備が着々と進む教育現場では、ICTを教育に活用できる人材が求められています。本コースでは、ICTに関する基礎知識・技術を修得すると共に、「小学校教諭一種免許状」の取得を目指し、近隣小学校での教育ボランティアなどの実践活動を通じて、新しい時代に対応する「工学部出身」の小学校教諭を育成します。

STUDENT’S VOICE

ICTを駆使して、
学ぶ楽しさを
小学生に伝えたい。

ICTの活用によって、小学校教育は急速に変化しています。学び方が変わることで子どもたちの意欲も高まるので、同時に学ぶ楽しさにも気づかせてあげたい。そんな導き方ができる小学校教諭を目指しています。

小松 雄斗(4年)
長崎県/県立対馬高校出身

学びのキーワード

  • 初等教育

  • 情報倫理・情報教育

  • ICTの活用

POINT

ICTの積極的な利活用で教育現場で求められる人材が変化

教育現場では、より効果的な学習方法や生徒の学習意欲向上などを目的として、ICTが積極的に導入されています。しかし、教員養成のためのカリキュラムはその変化に対応しておらず、教員のICTスキルの向上が課題となっています。本コースではこの分野に強みを持つ理系教員を養成。教育現場におけるICTの積極的な利活用を推進し、新しい時代を支える小学校教諭を目指します。

免許状取得のしくみ

小学校教諭一種免許状は、「姫路大学教育学部こども未来学科通信教育課程」の科目等履修生として取得を目指していくNBU独自のプログラムです。

通信教育費用は授業料に含まれます。

※但し、学年ごとに定めた単位修得の基準を満たした場合に限ります。

※本プログラム受講については、事務手数料などが別途必要になります。なお、若干の変更が生じる場合があります。

科目紹介

  • 科目1

    初等教育のためのICT活用

    ICTを活用することで教育の可能性はさらに広がります。ICT教育の事例を学んだ上で、授業の計画を立て、授業で使用する教材を準備し、模擬授業に取り組みます。

  • 科目2

    コンピュータ基礎

    コンピュータの基本的な仕組みについて、基礎から段階的に学びます。具体的には、コンピュータの5大装置である、制御装置・演算装置・記憶装置・入力装置・出力装置や、OSを中心としたソフトウェアを理解します。

  • 科目3

    情報メディアと法・倫理

    社会で生じている様々な問題の本質を理解した上で、情報社会での危機管理や新たな法律の必要性、生活の一部となったSNSを利用する上でマナーや倫理観などを考えていきます。

  • 科目4

    教職課程科目

    小学校教諭免許状取得に必要となる科目を修得していきます。科目はレポート科目とスクーリング科目に分かれており、小学校教諭に必要な力を段階的に身につけます。